〜アメリカンショートケーキ~

アメリカでショートケーキといえば、スコーン生地のような固めのクッキーにクリームと苺が挟み、山盛りにのせてありました。
私はよりしっとりふっくら、ミニサイズに作ります。
是非お試しください。
これはがフードプロセッサーを使うのが最適です。

 

【材料】
直径3センチ20ケ分

薄力粉 200g

ベーキングパウダー こさじ1.5

グラニュー糖 50g

塩 しっかりひとつまみ

バター 70g

生クリーム 100cc

苺のソース

苺 適量

グラニュー糖 苺の3割

生クリーム 適量

生クリームの1割のグラニュー糖

 

①フープロに薄力粉、 Bパウダー、 グラニュー糖、 塩しっかりひとつまみを入れて少し回して空気を入れる。

②2cm角に切り冷やしたバターを加えバターを加えて、米粒になるまで回す。生クリームを加えてひとまとまりになるまで回す。ラップに挟み、3cm厚さに成形して30-40分冷やす。

③3cm径丸型で抜くか、20ケくらいに切り分ける。鉄板にシートをしき、並べて、表面に牛乳を指で塗り、オーブン190度で10-11分焼く。余熱を考え焼き過ぎ注意。うっすら焼き色つけばよし。

④苺を適宜切り、グラニュー糖をふりかけてしばらくおく。スティーックミキサーでピュレ状に攪拌する。生クリームに砂糖を加えて泡立て、苺の輪切りと苺のソースと共に挟む。粉砂糖を振りかける。(がまだほんのり温かいうちに横半分に切る。冷めたら挟む。)

大きく作るより、一口サイズが食べやすくて可愛らしくおススメです。